[猫にとって安全?危険?]部屋に置いていて問題ない観葉植物は?

猫を飼っている方、これから飼おうと思っている方であれば観葉植物を食べたらどうなっちゃうの?と、一度は考えたことがあると思います。一般的に問題ないと言われている植物であっても猫ちゃんによっては

・身体に合わずお腹を壊してしまう

・中毒症状が出てしまう

などの可能性があります。飼い主の方がしっかり管理してあげる必要は常にあります。

猫草について

観葉植物ではありませんが「猫」「植物」と聞くとまず連想をする猫草から簡単に説明をさせて頂きます。

猫草は必ずしも必要ではない

猫草は「猫が好きで食べている草」というものであって「猫草」という植物があるわけではありません。また猫によっては「食べない」「興味を持たない」子もいます。必ず与えなければいけないというモノではありませんのでもし食べなくても心配はいりません。

猫草についてはまた別の機会に詳しく書こうと思います。

猫が食べちゃっても大丈夫な観葉植物

パキラ

大人気であり定番でもある「パキラ」。観葉植物に詳しくなくても育てやすく人気の植物となっています。仮に猫ちゃんが葉っぱを食べてしまっても問題はありませんが、種子には毒があります。ただお店で売られている物であればほぼ問題はないとされています。

ガジュマル

こちらも大人気「ガジュマル」。タイやカンボジアを連想される植物です。まだ小さいガジュマルを部屋に置く場合はイタズラされる場合がありますので置き場所には気を使う必要があります。もちろん猫ちゃんに対しての毒性はありません

サンセベリア

こちらの観葉植物、実は「にゃん理人」の家でも育てています。水もほとんどあげないでいいので本当に楽です。(のはずなのですが一部枯れてきました…)。こちらも猫ちゃんに対しての毒性はなく安全です。

ストレリチア

個人的な印象ですが、この観葉植物はホテルのロビーでよく見る気がします。大丈夫な植物として分類しましたが、葉っぱや茎には毒性があります。万が一食べてしまうと下痢などの中毒症状が出てしまうことがあります。ただ植物自体が大きいので食べられるものとして猫が認識しないと言われています。

アレカヤシ

観葉植物ブーム以前から結構多く見られた植物のひとつではないでしょうか。葉っぱが鋭かったりするので遊ばせてしまうと切り傷などの恐れがありますので若干の注意が必要かもしれません。毒性はありません

エバーフレッシュ

先日この植物を始めて実際に見る機会がありました。写真は昼間の状態なのですが、夜になると葉っぱが閉じてしまうという何とも不思議な植物です。ひとつひとつの葉っぱが小さく、部分的に枯れると地面に落ちますのでそれで遊んでしまう可能性はあります。毒性はありません

モンステラ

エスニック料理店にありそうな観葉植物。こちらの植物もストレリチアと同じで、毒性はあるものの、植物自体が大きいので食べ物として猫がかじる、口に入れる可能性は低いことから分類させて頂きました。もちろん心配な場合は避けた方がいいでしょう。

シュロチク

比較的、寒さにも強く育てやすいこともあり人気のある観葉植物です。毒性はありませんが、アレカヤシと同じように葉っぱが細く鋭い部分がありますので遊ばせるのは危険かもしれません。

猫にとっての観葉植物まとめ

冒頭にも書いていますが「安全」「大丈夫」とされている植物であっても個体差によっては中毒症状や腹痛などを起こす場合があります。どうしても心配であれば猫ちゃんがいる空間に植物は置かないのが一番安全です。

もし植物を食べて様子がおかしいと感じるようなことがあったら、すぐに獣医さんに見てもらって下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク