【熱中症注意】効果的な猫の夏バテ、暑さ対策とは!?

夏の暑い日に、飼い猫を家に残して出かける際に猫の暑さ対策はどうしていますか?もし何もしないとどうなると思いますか?今回は夏の猫の暑さ対策」「暑さ対策グッズ」「猫の熱中症について書いてきます。

猫の熱中症の危険性

人間同様、猫も熱中症になることがあります。ただの夏バテだと軽くみていると最悪の場合、命に関わることがありますので注意が必要です。

猫の熱中症の症状

猫が熱中症になるとまずこのような症状が出てきます。

・40℃以上にもなる体温の急上昇
・目が充血する
・よだれを垂らす
・呼吸が荒くなる
・嘔吐や下痢
・ふらつく/倒れる

これはあくまでも「初期症状」になります。更に進行していった場合はこのような症状が表れます。

・痙攣発作
・失神
・吐血/血尿/血便
・皮膚の変色(チアノーゼ)

ここまで症状が進んでしまうと命に関わってきます。応急処置をしてからすぐに動物病院に連れていく必要があります。

猫の熱中症の原因

ではなぜ熱中症になってしまうのか。基本的には人間とほとんど変わりません。ただ猫は人間と違って「暑い」と言葉で伝えることが出来ませんので飼い主さんが事前に予防してあげる必要があります。熱中症の原因としては…

・暑い室内に閉じ込められる
・炎天下の車内に閉じ込められる
・キャリーケースでの移動中

猫の熱中症は、飼い主が外出中に起こるケースが多いのはもちろん、キャリーケースでの移動中も少なくありません。飼い主さんが側にいることもあり熱中症にならない、大事には至らないという勘違いは一番危ないので注意が必要です。普段外に出ない家猫の場合は慣れない環境でのストレスや緊張などが原因で熱中症を発症するケースもあります。それに対し日中仕事などで家を空ける際、涼しい場所がない室内も要注意。エアコンが効いていない」「涼しい場所がない」「風通しが悪いなどの条件が揃ってしまうと猫が熱中症になる確率がグンと上がってしまいます

猫の熱中症の応急処置

すぐに体を冷やしながら動物病院に電話し指示を仰ぎ、連れていく

ここで注意しなければいけないのが冷やしすぎないということ。体温で言えば「39℃」まで下がれば冷やすのを中止して構いません。ではどのように冷やすのが効果的なのか。それは「霧吹き等で体を湿らす」「動脈がある首周りを氷枕や保冷剤などで冷やす」「冷たい濡れタオルで全身を包む」など。すぐにできる対処法を状況に合わせて選んで行います。的確な状況判断のためにも猫用の体温計は常に用意しておきましょう

猫の熱中症の予防

室内でお留守番の場合
・部屋が複数ある場合は移動出来るようにする
・扇風機や換気扇で風通しをよくする
・開けておいて問題ない窓を開ける
・カーテンを閉める
・除湿機やエアコンを使う
・クールマットやペットプレートを使う

車でお出かけの場合
・直射日光を避ける
・こまめに車内の換気をする
・濡れタオルや保冷剤等で時々冷やしてあげる
・ちょっとした時間でも車内に置いていかない
キャリーケースでお出かけの場合
・直射日光を避ける
・地面などに置く場合は置き場所に気をつける

猫の熱中症まとめ

猫を飼っている以上、飼い猫が熱中症発症の可能性はあります。ただ飼い主さんがしっかりと対策をしてあげることで防げるリスクでもあります。日中エアコンをつけっぱなしにすると光熱費が心配という場合は、必ずペットプレートの設置」「風通し」「直射日光対策を怠らないようにしてください。そしてもし熱中症になってしまった場合も焦らず応急処置をしてあげることで熱中症の進行を防ぐこともできます。気の使いすぎということはありません。しっかりと対処してあげてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク