【危険】猫がネギやニンニクを食べてはだめな理由

猫に限らず犬にも同じことが言えるのですがネギ類やニンニクを食べさせてはダメという話。食べさせてはダメなのは知っているけどなぜダメなのか、食べるとどうなってしまうのかまでは知らない人も多いハズ。そこで今回は犬猫に与えてはダメなネギ類やニンニクについて書いていこうと思います。

ネギやニンニクで貧血になる

犬猫の体内に吸収されると危ない「アリルプロピルジスルフィド」という成分がネギ類やニンニクには含まれています。この成分がとにかく危ない。体内に流れる血液中の「赤血球」を破壊してしまうという恐ろしい成分なのです。俗に言う「玉ねぎ中毒」になって「溶血性貧血」に、そして最悪死に至ることもあります。

溶血性貧血になりうる食べ物

玉ねぎ・長ネギ・ニラ・ニンニク・らっきょ・エシャロットなど

食べてしまった時の主な症状

血色素尿(おしっこが赤くなる)・下痢・嘔吐・心拍数上昇・黄疸・ぐったりする(元気がなくなる)など

もし食べてしまったら…

基本的に少量でも危険と思った方がいいというのが一般的な考え方です。上記で書いた食べ物それぞれで成分の含有量も違うため危険度も異なります。自然治癒する場合ももちろんありますが、少しでも食べてしまったのが分かったらすぐに動物病院に連れていくというのを徹底することをオススメします。

お味噌汁なども注意が必要

お味噌汁に玉ねぎや長ネギを使う方も少なくないと思います。毒性成分は加熱しても分解されることはなく毒性成分は消滅しません。よってネギ類から出たエキスに寄って中毒症状が出る場合もあります。お味噌汁に限らず、ネギ類やニンニクなどを使った料理を食べてしまった場合は獣医さんに相談することをオススメします。

食べてしまった可能性があればすぐ動物病院!

もし誤って猫ちゃんがネギ類やニンニクを食べてしまった場合「このくらいなら大丈夫かな」ではなく、せめて獣医さんに相談をしましょう。上でも書きましたがそれぞれ含有量が違うため危険度も違います。故意に人間の食べ物を与えないことはもちろん、野菜などをキッチンにそのまま置いてある方は猫ちゃんが開けることができないケースに入れるか冷蔵庫に収納することをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク