【家猫】猫の散歩はあり?なし?【メリットとデメリット】

皆さんは猫を散歩させている光景を見たことがありますか?そもそも猫に散歩が必要なのか必要じゃないのかもイマイチ分からない…そんな飼い主さんもいらっしゃるかと思います。

そこで今回は猫の散歩について書いていこうと思います。

家猫の散歩について

ハッキリ言ってしまえば必要がないという意見が多いようです。まず生まれてから「野良の経験」がない猫の場合、何が安全で何が危険かが理解できない場合があります。まずは「猫の外飼い」のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット
普段はほとんど感じることができない自然の匂い、虫や鳥の鳴き声や動きから刺激を受けることができるためストレス発散、気分転換ができます。

デメリット
家猫よりも外飼いの猫や野良猫の平均寿命が約5年ほど短いのをご存知ですか?その原因は交通事故や他の猫との喧嘩、感染症や植物などによる中毒、ウィルスやダニが原因と言われています。

散歩となればリードやハーネスを付けるのが一般的なので上記で書いたデメリットも半減すると思えますが、万が一逃げ出してしまった場合はそのデメリットが全て降りかかることになります。それでも猫の散歩を行いたいという方は下記のことに注意してお散歩をさせてあげてください。

猫の散歩の注意点

・予防接種の変更

完全な家猫の場合は通常の3種混合ワクチン(猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス、猫汎白血球減少症)」が一般的ですが、5種混合ワクチン(3種に加え、猫白血病ウイルス感染症、クラミジア感染症)」などにすると安心です。

・虫の予防

外飼いの猫や野良猫に多いダニ」「ノミ」「蚊(フィラリア)の対策も必要です。対策商品等は一般にも売られていますがもし分からなければ主治医に相談して下さい。

・ハーネスを付ける

犬であればリードが一般的ですが、猫の場合は抜けてしまう可能性が高くなりますサイズの合ったハーネスはマストと言っても過言ではないでしょう。ただハーネスを付けると動かなくなってしまう猫もいますので慣れが必要かもしれません。

・お散歩コース

地域によっては野良猫が多くいる場所だったり、交通量や人通りが多かったりがあると思います。猫が怖がってしまうことがありますので出来る限り静かなコースを選びましょう。また猫にとって毒になる植物の有無も調べておくと安心です。

「家猫の散歩まとめ」

個人的には猫ちゃん自身が楽しめて安全を確保できるならアリと考えています。ただ必要か必要じゃないかといえば「ほぼ必要ない」と考えています。それはなぜか…リスクの方が大きい気がするからです。

それでも「猫ちゃんと散歩したい!」と思うのであれば「脱走防止対策」「病気や怪我の対策」をしっかりして行うように心がけてください。

確かに猫ちゃんがハーネスを付けて散歩している姿は可愛いですよね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク