【食べさせない方がまだマシ!?】危険すぎるキャットフードの原材料

普段猫ちゃんのキャットフードはどのように選んでいますか?「テレビのCMでよく見かける」「値段が安い」「パッケージが美味しそうに見える」などなど、色々な理由で選ばれていると思います。

では猫ちゃんの健康についてはどのようにお考えでしょうか。例えばパッケージの表面に「美味しいお肉を贅沢使用」と書いてあるとします。では「どんな種類のお肉」とまでは意識していますか?「お肉の部位」「お肉になった動物の健康状態」など考えればキリがありません。

今回はそんなキャットフードのチェックすべき原材料について書いていこうと思います。

ミール系(ミート/大豆)

キャットフードのパッケージを普段から注意深く見ている方であれば見たことがあるかと思います。一般的には「◯◯ミール」と書かれています。例えば「肉類(ミートミール、チキンミール)」と書いてあればそれです。まずミールという物がどんなものかご存知でしょうか?

ミートミールについて

全てではありませんが4Dと呼ばれるお肉を使っている可能性があります。「Dead(死骸)」「Diseased(病気)」「Dying(死にかけ)」「Disabled(障害のある)」の略なのですが、その言葉だけで恐ろしくなります。

完全に見分ける方法はない

現在、自分の猫ちゃんに食べさせているキャットフードの裏に「ミートミール」と書いてあった場合、そのミートミールに「4D」のお肉も含まれているかは見分ける方法はありません。「与えない」というのが一番安全と考えるのが自然ではないでしょうか。

ちなみににゃん理人の猫ちゃんに以前与えていたキャットフードにも…

しっかりとミールが含まれていました…orz。それだけでなく、後ほど書きます「穀物」もしっかり含まれていました…orz…

詳しくは下記の記事に書いています。

キャットフードに含まれる「ミートミール」は危険な原材料!?
市販のキャットフードによく使われている「ミール」という原材料。ミートミール、チキンミール、サーモンミールの違いや見分け方とは。

大豆ミールについて

ミートミールはそこそこ有名な話かもしれませんが「大豆ミール」に関しては結構知らない人が多いのではないでしょうか。大豆は「畑のお肉」なんて呼ばれているので身体に良さそうなイメージをしますが、キャットフードに入っている「大豆ミール」は少しワケが違うのです。「大豆ミール」はしっかりと調理された大豆ではなく、素材のカスが多く使われていると言われています。長期間、食べ続けることで最悪「死」に至ることがあるといわれています。

※大豆ミールについては別の機会に詳しく書きます

穀類について

本来、猫に必要な栄養素はタンパク質です。肉食動物なので当たり前といえば当たり前なのですが。しかし一般的に販売されている多くのキャットフードの主原料には「穀類」が多く使われています

穀類とは「とうもろこし」「米」「小麦」などを表します。本来、猫には必要のない「炭水化物」は猫にとってある意味「といっても過言ではありません。上手に消化する機能が備わっていないのでお腹を壊す原因にもなります。

栄養にもならない、消化にも良くない。食べる意味はあるのでしょうか…。

添加物について

最近では人間が食べる食べ物についても「添加物」に関して敏感になる人が増えています。添加物はキャットフードにも多く含まれていることがあります。腐った肉を原料にしているキャットフードも香料や着色料でごまかすなんてことも出来てしまいます。

2009年に施行された「ペットフード安全法」によって原則として添加物を含む全ての原材料名の表記が義務付けられるようになりましたので、気になる方はキャットフードを買う前に確認するようにしましょう!

まずは意識をすることから始めましょう!

ペットショップやデパート、ネットショップでキャットフードを購入する際、パッケージは確認しても裏の原材料を細かく確認する習慣がない方もまだまだ多いのではないでしょうか。

食べてすぐに猫ちゃんが体調を崩すという食べ物は多くないかもしれません。しかし人間と同じで、身体に悪い食べ物を食べ続けることで将来、内蔵疾患、アレルギーなどのリスクが上がる恐れがあります。

野生ではない飼い猫が健康に長生きできる身体にしてあげれるのは飼い主である人間だけです。これを機会に少しでも意識して頂ければ幸いに思います。

スポンサーリンク