【最低限必要な金額】猫を飼うのに必要な費用っていくらくらい?

これから猫ちゃんを飼おうと考えている方は誰しもが、猫ちゃんとの生活を想像してニヤニヤしてしまうもの。しかし現実的に考えなければいけないことも沢山あることに気が付きます。

今回はそんなこれから猫ちゃんを飼おうと考える際にまず気になることと言っても過言ではない猫を飼う際の費用について書いていこうと思います。

安くも高くもできる

動物を一度でも飼ったことがある人であれば誰もが分かることではあるのですが、どれだけのことをしてあげるかで費用は安くも高くもできます。まずは最低限必要な費用から書いていきます。

それぞれに必要な費用

1年に1回のワクチン(初年度は2回)

一般的には「3種混合(家猫向け)」「5種混合(外飼向け)」という種類があります。詳しい内容はまた別の機会に書こうと思いますが3種混合で4,000円前後が一般的となっています。詳しくはご近所の動物病院にお問い合わせください。

キャットフード

この「キャットフード」猫を飼う上で一番費用が変動する項目かと思います。このブログの表題でもありますが、人間の食事と同じでどういう食べ物を食べるかで健康状態は変化します。一般社団法人ペットフード協会「全国犬猫飼育実態調査」の統計データーをお借りすると、1カ月間のキャットフードの支出全体平均は1頭飼いで「3,180円となっています。もちろんもっと安くも高くもできます。

猫ちゃんの健康を考えればよく分からないお肉を使ったキャットフードよりも、多少高くても猫ちゃんの健康を第一に作られたキャットフードを食べさせた方が良いに決まっています。もちろん、お財布事情もあると思いますのでバランスの良い選択をして頂ければと思います。

トイレ

一般的には猫砂を使う家庭が多いと思います。猫砂は選ばなければ結構安いので1頭飼いで1ヶ月500円~1,000円程度と考えとけばいいかと思います。多少高くはなりますが、最近では「砂」ではなく「チップ」を使う家庭も増えています。

おやつ

おやつに使うお金も個人差があると思いますが、虫歯予防だったり栄養補給などの効果があるおやつもありますので何が入っているか分からない怪しいおやつでなければあげた方がいいでしょう。費用的にも1頭飼いなら1,000円~1,500円もあれば問題ないかと思います。ただもちろんあげ過ぎは肥満なども原因になるのでご注意を。

爪とぎやおもちゃ

こちらも決して高いものではありませんが、お金を掛けようと思えばいくらでも掛けられるものです。ただ爪とぎとおもちゃ代としては月に1,000円もあれば問題ないかと思います。

病院代(ワクチン以外)

先程のワクチンとは別に、もし体調を崩したり怪我をしたりした場合に掛かる費用。病院代に関しては病状や怪我の程度、入院が必要かなどによってかなり変動がありますので明確な費用を書くことは出来ませんがかなり高額になる場合もあります。例えば猫の去勢、避妊の手術などは10,000円~20,000円程度、入院が一泊2,500円前後など。

ただ最近ではペット保険なども充実してきましたので、もし心配な方はペット保険に入ることをオススメします。

最低限必要な費用

これから猫を飼うということで考えれば上記の項目以外にもゲージや小物などを加えたとして…

・ワクチン(2回分) 約10,000円

・キャットフード 約3,000円

・トイレやおもちゃ 約3,000円

・ゲージや小物 約6,000

・去勢、避妊(必要な場合) 約15,000円

あくまでも参考費用となるのですが「37,000円」となります。高く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが去勢やゲージ代などは最初にしか掛からないお金なのでそこまで気負いする必要はないと思います。

コンスタントに必要な費用は「キャットフード」と「トイレの猫砂」がメインになりますので、病気や怪我がなければ多く見積もっても「1ヶ月 10,000円もあれば足りると思います。

猫を飼うのに必要な費用まとめ

「1ヶ月 10,000円」と結論を出しましたが、コストが一番変動するのはやはり「キャットフード」だと思います。安いキャットフードのみを食べ続けた猫ちゃんでも病気もせずに長生きしてくれる子もいるかもしれませんが、人間同様、やはり食べ物で病気のリスクが変動するのは間違いないでしょう

自分たちの生活を圧迫しない程度に、ちゃんとしたキャットフードを食べさせてあげて欲しいと個人的には思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク